自動車取得税の代替え 燃費で6段階課税を総務省が検討

自動車購入時 燃費の数字で6段階の課税が行われる

自動車の購入時に新たな課税が始まりそうです。

総務省は2017年4月から

自動車購入時の新たな課税方式を導入する

と発表しました。

その内容について解説していきます。

topに戻る

環境性能の重視 燃費を6段階に分けて自動車税を義務

自動車の購入時に税率を購入価格の
0から3%を負担する案がまとまりました。

2017年4月は消費税率が10%に引き上げ
られる時ですが、

その分、今までにあった税金をなくす取り決め
として自動車取得税を廃止すると言っていました。

しかしながら、それに代わる税金として
燃費による6段階別の税金をかける、

実質今までになかった課税が行われる
予定となりました。

これに対しては自動車業界から
大きな反発が予想されています。

topに戻る

燃費別自動車購入時税金の中身

燃費別の自動車税について、
ある程度具体的な案が出ています。

・電気自動車や燃料電池車、
燃費基準を25%以上上回る
ガソリン車

  • 0%

燃費が悪くなるほど、
  • 0.6%
  • 1.2%
  • 1.8%
  • 2.4%
  • 3.0%
という具合に税金がかかってくるように
なるそうです。

電気自動車と燃料電池車が0%なの
ですが、

これらの車はどのくらい普及してくるのか?

それによって環境に配慮した車を購入できるか
どうか?は変わってきますよね。

電気自動車の燃料となる電気を充電する
充電スタンドや、

燃料電池であれば水素スタンドの
設置数が充実していなければ、

これらを購入するのには少しためらいも
出てくるかと思います。

topに戻る

消費税との二重課税は大問題

税金の種類が増えるにつれて、
ものを買っても買わなくても、

ダブル課税、トリプル課税

が起こってきます。

自動車についても購入時には消費税を払います。

自動車取得税が消費税との二重課税と
いう批判があったのですが、

この批判を受け入れる形で自動車取得税を
廃止した場合の1千億円程度の減収を補うため、

再度新しい課税方式を採用することになれば
結局は元の木阿弥ということになりそうです。

topに戻る

関連ページ

マツダ ロードスターが生産累計でギネス 世界で生産100万台
マツダのロードスターって昔からある。ロータリーエンジンだったっけ?