一軒屋や実家の空き家を不動産会社に買取ってもらうときのメリットのあるネット無料一括査定の方法とは?

いつ持ち家が売れるのか?売却価格は損をしていないか?を確認する方法とは?

こんにちは。バートラムです!

日本では不動産価格がバブル期
以上に上がっています。

このタイミングで「売る」ことを考えている
方も多いと思います。

そこで今回は、

「いかにして高く家を売るか?」

についての方法をご紹介したいと思います。

ぜひ最後まで読んで見てください。



今の家を早く売りたいのですが、メリットのある方法がよくわからない

先日このような話を聞きました。

 


今の家を早く売りたいのですが、
一番メリットのある方法を知りたいです。

特に売却価格について心配な
点があります。

不動産会社に1軒だけ相談しています。

しかし、購入した当時よりかなり安い
価格でしか売れないと言われ、
全面的に信用ができません。

「実質売れる相場」の提示をしてくれて
いるのかもしれませんが、

その不動産会社の査定見積もりの、
相場が合っているのか?

がわからないので、もしかして
違う不動産会社に相談すれば、

「もっと高く売れるのではないのか?」

と心配な面があります。

上手に不動産売却をする方法として、
マニュアルのようなものがあるのでしょうか?

 


この話をしている私の知り合いが、
最もメリットのあることというのが、

家の売値を高くする方法

と言うことです。

私は、自分の経験から次のような
アドバイスを伝えました。

topに戻る

家を早く売ろうとすると足元を見られる理由

家を早く売ろうとすると、不動産会社が

「うちの会社で買い取りましょう」

という話をしてくれる場合があります。

この場合、足元を見られている可能性があります。

困っていそうな相手の足元を見る言う事は、
どんなビジネスにおいてもよくあることです。

不動産の売却でも同じことがいえます。

早く・高く売れるかどうか?は重要


ただし、その土地や家が、

「間違いなく高く売れる・需要がある」

物件であれば、

売買手数料を収入としている
不動産会社なら、1物件でも多く
売買したいので、

相場にあった価格、もしくは、相場より
高い価格で買取りする場合もあります。

多くは「売れないから買ってほしい」が多い


しかし、上記のような例は稀で、
「不動産会社に買い取りして欲しい」
という場合は、

「なかなか家が売れない」

から依頼する場合がほとんどです。

もし、 「すぐに売れるような人気の地域や家」
なら、売主の言い値で不動産会社に仲介に
入ってもらえば、

問題なく高く売れるわけです。


topに戻る

不動産売却の相場価格を知るには無料一括査定サイトを使ってみる

このように、不動産を売る場合、
持ち家の売主や不動産会社の
様々な事情があり、

その事情によって売却価格は
大きく変わるのですが、

どんな状況に応じてもやっておくべき
不動産売却価格の相場を知る方法として、

不動産売却一括査定見積もり申し込み

が有効と言えます。

不動産売却一括査定見積もりとは?


最近では、インターネットを使って
あなたの家の売値相場を知ることができます。

手順としては、1回の申し込みで複数の
不動産業者に売却査定の依頼ができ、

その中から最も相場価格の高い、
または対応が良い不動産会社
を選んで、相談することができる
ものです。


この方法が家を売るときメリットのある
方法としては、かなり有効です。

いまならインターネットを使って簡単に
複数の不動産会社の査定申し込み
ができます。

topに戻る

まとめ 不動産を売る難しさをいかに解消できるかが重要

不動産を売るときはとても難しいと思います。

もちろん買う人の言い値でいいなら売るのは
簡単ですが、それ相応の駆け引きもあります。

ですので不動産会社のような「専門業者」
に仲介に入ってもらい、交渉してもらうのは
ベストです。

ただ、日本にも不動産業者はごまんとあるので、
面倒見の良い、売る側の事を考えてくれる
業者を見つけるのが重要です。

不動産売却一括査定をしてくれるところ
で紹介されている業者は、比較的大手で
信頼のある業者のみが登録しているので、

安心感はあると思います。

以前、私も不動産の売却査定一括
査定サイトを使って、

実家の空き家の売却相談をしました。

「三井林業ホームサービス」さんの
対応が1番良かったので、

いくつか質問や相談をさせてもらいました。

※その時のメールでの内容↓



このように、「真面目な不動産会社」
に出会って相談をし、

不動産売買の手伝いをしてもらうことが
まずは1番重要なメリットが大きい方法
と認識しています。

ぜひ参考にしてみてください。


topに戻る