夏を元気に過ごすために知っておきたい熱中症と夏バテの予防のポイントを解説します。

熱中症の予防をしながら、夏バテ対策するにはどうすればいいの?

熱中症と夏バテの予防

には大きな違いがあります。

その違いによって、

どちらかを予防すると、どちらかの予防ができない

ということが起こりやすくなります。

このページでは私の体験もご紹介しながら、
2つの注意点や予防方法について詳しく
解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

熱中症と夏バテの原因


夏バテの原因って?


私は一人暮らしなので毎日自炊をしているのですが、

ここ3週間くらいまともな料理をしていない気がします。
その原因は暑さによる夏バテなのですが、

夏バテになった理由としては、

水分や冷たいものをとり過ぎ

が原因です。

熱中症の予防対策は「水分と塩分のこまめな補給」


高温多湿な日本では夏になると暑すぎて、
身体が適応できなくなり、

体調不良になってしまうことがあります。
それが熱中症です。

症状としては、めまいや倦怠感、重症
になると、意識障害やけいれんなどで
倒れてしまうものです。

熱中症の予防策としては、

小まめな水分補給、塩分の補給

が大事です。

汗を多く掻くので、水分・塩分が体から
流れ出てしまいますので、それを補うため
に補給することが必要です。

熱中症予防が夏バテの原因になりやすい


さて、ここで気をつけないといけないのが、

水分のとり過ぎで胃腸が弱ることが
原因の食欲減退です。

補給する水分は夏ですから大体は「冷たい水
やスポーツ飲料」です。

冷たい飲料やアイスキャンディーなどを
とり過ぎると、胃腸が弱ってしまい、

食欲がなくなるのです。

そうなれば、今度は「食事での十分な栄養を
とれなくなる」ので、それが夏バテの原因に
なってしまいます。

topに戻る

熱中症と夏バテの対策

熱中症の対策としては、

  • 水分補給
  • 直射日光を避ける
  • クールビズで涼しい服装
  • 十分な睡眠・休養
  • 運動で適度な汗を掻く

などがポイントです。

夏バテの対策としては、なんといっても
「アリシン」をとることをおすすめします。

食欲が減退するので、食欲が旺盛に
なるように、食事と一緒にアリシンが多く
含まれるニンニクを摂取するのが、

私の個人的におすすめする対策です。

できるだけ温かい食事をとるようにして、
胃腸を温めてあげると、

「ほっこり」するような体の癒しが
生まれてきます。

topに戻る

熱中症と夏バテに負けない為に


暑いと当然、水分を多くとります。

しかし、そうすると夏バテになりやすく、
料理をするという行為も苦痛になってしまいます。

夜ご飯がうどんか豆腐かゼリーの3択になったりとか(-_-;)
不健康なので脱したいのですが、暑さにやられております。

ですので、私は

悪循環にならないように夏バテを避けるために、
思いきって「外食」を増やして、自分で料理を
作らなくても、

しっかり栄養が取れる食事を心がけています。

 


室内での熱中症は意外と多い

夏の季節、何よりも怖いのは熱中症ですよね。

エアコンを付けていない方が割と
多いのでしょうか、

熱中症で病院に搬送される方の
約4割は「室内で症状がおこる」方
だそうです。

室内で熱中症にならない為の工夫
として、

  • カーテンやすだれを活用して遮光する
  • 風通しはよくする
  • 室温は28度を意識してそれ以上にならないようにする
  • 打ち水などで気化熱を利用して家の周りを涼しくする

という工夫をしています。

私は最近「エアコン」を新しく買い替えて、
室内の広さに合った製品を取り付け
ました。

エアコンを選ぶポイントとして、

室内の広さと能力が合ったもの、もしくは1つ上の能力

のものを選ぶと、無駄な電気代も抑えられて、
省エネ機能を十分生かすことができます。


あと予防のコツとしては、「のどが渇いたと感じる
前に水分を摂る」ことです。

全国的に猛暑が続いているのみたいなので、
気をつけてくださいね!

topに戻る

関連ページ

システムキッチンのリフォームならまずは「見積り比較」が王道!慌てずしっかりコストダウン
マイホームのあるお家では主役のスペースと言えるキッチンについて。今のシステムキッチンを買い替えたいというとき、どこに相談すればいいのか?具体的な方法をご紹介します。