残業代不払いがあった? ワタミの過労自死事件

居酒屋チェーンワタミで起こった過労自死事件は過剰な長時間残業だった

ワタミは過労死事件について謝罪と和解金1億3000万円支払い

居酒屋チェーンのワタミの社長だった渡辺美樹氏は
裁判の最初の方では、過労死については争う姿勢を
とっていました。

その理由として、時間外労働が月45時間と決められ
ていても、36協定に特別条項を入れておけば、

一定の条件であれば月45時間、年360時間を
超えた時間外労働を行わせても良いとされている
事を理由としていました。

この特別条項と言うものは、条項を結んだ場合は、
延長できる労働時間の上限には規制がありません。

今回の場合36協定を締結していたもので、
法律違反とはならないのが争いの中心と
なっていました。

今回の最終的な決着では、和解ではあるものの
その中身は、

  • ワタミ側に安全配慮義務違反などの法的責任があった
  • 会社法人だけではなく渡辺氏ら役員個人にも責任がある

これらは、ワタミ側は応じるという確認を取れたようです。

さらに、再発防止策などを約束させることが
できたそうで、

ワタミ側の過労死の責任は概ね確定したと
言えるかと思います。

topに戻る

居酒屋チェーン店ワタミの過労死事件から残業について考えてみる

2008年に居酒屋チェーン店ワタミの社員の女性が
過労死した事件で、

2015年最後月となる裁判において最終的に
遺族と和解が成立しました。

自死ではあるっものの、長時間の「残業」が過労死の
原因であったとされるこの事件、残業代については
支払われていたようですが、

日本の多くの会社で
残業代未払い、いわゆるサービス残業
をやらせている会社はかなりあると
言われています。

残業は立派な労働時間です。会社がサービス残業
をしなければならないと社員や労働者側に
言ってきても、それを「はい」と言って強要される必要は
ありません。

しかしながら実際に、サービス残業が強要
されているのなら、そういう不当な扱いを受けている
人たちには救済される方法は無いのでしょうか?

答えは救済される方法がある

ということです。

では次にその救済方法についてお話しいたします。

topに戻る

もしサービス残業や残業代不払いを強いられているなら救済はできます

会社から残業代が支払われていても、
今回の居酒屋チェーン和民での事件のように

過剰な残業が労働者を死に追いやることが
はっきりと示されています。

にもかかわらず、会社側が「残業代を支払わない」
などということは、到底まかり通るはずはなく、

任意の話し合いであろうが、裁判になろうが
「違法」であることは明確です。

では、労働者側である我々が残業代未払いと言う
不当扱いを正して、正規の残業代を手にするためには
どうすればいいのでしょうか?

これを解決する1番の正しい方法は、

専門家である弁護士に相談する

ということです。

残業時間や、残業代の規定は法律で定められています。

ですので、それを明確にし結果的に貰える残業代を
最終的に支払いにまで決着させるためには、

法律の専門家の弁護士の手助けを
受ければ間違いありません。

労働者個人1人が、会社側の経営者に立ち向かっても
相手はなかなか重い腰を上げようとしないでしょう。

しかし、弁護士を介すことで会社側は、
自分達のやっている不正が事件として取り扱われる
ことを回避しようとします。

こういった手順を踏んで相手に認めさせることは
法治国家である日本では必ず必要になってきます。

会社と労働者との1対1の話でどうしようもないなら、
まずは弁護士に相談をしてください。

※電話・メールどちらでも無料相談が簡単に可能です。


もちろん相談は無料です。

※残業代請求には「時効」もあります。
相談されたい方は、できればお急ぎください。


弁護士の相談窓口のサイトには、
過去に残業代未払いを取り返すことができた事例が
山ほど書かれてあります。

不当な残業代未払いの解決事例

しかしながら、まだ多くの労働者はこういった方法が
ある事を知らず、

結局は泣き寝入りをしてしまっている事例も
たくさんあります。

今回のお話を読んでくださった方で、残業代不払いを
受けているというのであれば、

こういった方法があることを知ることができたことを
わざわざ失せてしまう必要はありません。

topに戻る