弁護士ではなく司法書士は裁判官になるためのプロセス

司法書士ってどんな仕事?司法書士の役割と債務整理

こんにちは。バートラムです!

先日書いた「日本の裁判所の制度」で
「司法書士」という国家資格を持った人たち
のことが出てきたのですが、

司法書士って実際、どんな仕事ができるのか
わからなかったので調べてみました。


民事裁判・民事調停では弁護士と司法書士が活躍する

先日書いた裁判所の制度で、

司法書士の言葉が出てきたのは、裁判所で

民事裁判・民事調停などで、お金を貸した
けど返してもららえない、とか

人権侵害での争いとかにおいて、当事者の
代理として仕事をするといった内容でした。

「司法」と名がつくように裁判所とは深い関わりが
あるのだろうと想像ができます。

ではその他にどのような仕事を出来るのか?
を調べてみました。

例えば不動産や法人の登記の代理など、
要は法務局に提出する書類の作成、
手続きの代理などの仕事となります。

通常これらの仕事は資格者以外することが
できない、独占業務と言われていますか、

例えば会社の登記関係などは、もちろん
司法書士に依頼しなくとも自分の会社なら
会社代表者本人はできます。

他にもできる業務はあります。

成年後見人、相続財産管理人、
不在者財産管理人、遺言執行者等の
財産管理業務、

これらは司法書士業務の付帯業務として
できることとなっています。

さらに司法書士では「認定司法書士」と言う
法務大臣の認定を受けた司法書士の
資格があります。

この認定司法書士になると、
先日書いた裁判所での民事控訴や民事調停
などの手続きの代理などを行うことができます。

さらに、弁護士については、
裁判所での手続きが本来の業務となり、

さらに司法書士の業務も付帯業務として
行うことができます。

また弁護士の場合は税理士の仕事も
付帯業務として行うことができます。

こうして調べてみると、弁護士の方が
司法書士よりより幅の広い業務をこなす
ことができるといえますね。

topに戻る

ライズ綜合法律事務所弁護士法人で債務整理や過払い金返還請求

先日、新聞広告に借金問題の無料相談
ができるという広告が入っていました。

その事務所の名前がライズ総合法律事務所
というところでした。

先ほど書いたように、弁護士の業務にも
いろいろな種類があるのですが、

今回広告に入っていた無料相談を受け付ける
内容としては、

借金問題、過払い金返還請求はライズまで

という訴求でした。

これはどういう事かといいますとまず、
多重債務を抱えている人が苦しんで悩んでいる

そういった方の借金問題を解決するというものです。

借金の返済が遅れて取り立てや督促が
きているような方はもちろん精神的に
苦しんでいるわけです。

こういった借金問題を解決する方法は、
債務整理といいます。

つまり任意整理や個人再生、最悪は
自己破産などの法律に則って、

借金を、0円にしたり減額したりする
手助けを弁護士がしてくれるわけです。

このような仕事も、弁護士ができる仕事です。

もう1点、「過払い金返還請求」という
任意整理があるということを知りました。

これについては次に詳しく書いていきます。

topに戻る


過払い金返還請求っていったいなんだ?

このライズ総合法律事務所の広告に
書いてあった、

過払い金返還請求

というのもよくよく読んでみました。

そうするとわかったことが、

今借金しているカードローンや
クレジットローンの金利のことについて
書かれていました。

年利息とか金利とかは、法律で上限が
何%ということが決められているそうです。

その法律を上回っている金利をとっていた
消費者金融、信販系会社があるそうなのです。

この金利のことをグレーゾーン金利と呼ぶらしく、
昔はこういったことが当たり前のようにあったようです。
(今はほとんどないらしい)

もし今までの借りたお金でこのグレーゾーン金利で
計算された金利と元金を払っていた場合、

それは違法に請求されていた分なので
金融会社にそれを証明すれば、

支払った利息は帰ってくるというのが
過払い金返還請求の意味です。

「へぇーそんなことがあるんだ」

バートラムとすればかなり勉強になった
広告でした。

それと同時に、違法なことをしてお金を
貸しているような金融会社がまかり通っているのも
ちょっと悲しい話ですね。

topに戻る

パチンコや競馬の借金でも過払い金請求はできる

この過払い金返還請求の事ですが、

色々とネットで調べているとかなり
興味をそそる話が出てきます。

例えばYahoo!知恵袋でこんな質問が
載っていました。

パチンコの借金であっても過払い金請求ができますか?

こちらのページ↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10150418785

つまりギャンブルの借金であっても過払い金請求
ってできるのかということです。

実はバートラムも少し知っていることで、
自己破産の場合はギャンブルなどの
借金の場合は、免責が下りないことがある

と言うのを聞いたことがあります。

なので、過払い金請求だって基本的には
借金あっての話なので、

無理なんじゃない?

と思ってしまうかもしれませんね。

しかし基本的に、 「過払い金」とは
借金の内容とは全く関係なく、

金融業者側の利息が正しいか
正しくないか?に相当する話なので

借金の内容は関係なく過払い金請求が
できるそうです。

もしギャンブルの借金で苦しんでいる方
がおられるなら、この話はものすごく
ためになる話だと思います。

ただし、金融会社の利息が
違反していた場合だけ当てはまることであり、

利息を違反してなかった場合は、
そもそも過払い金が発生していないので、

このためになる話は当てはまりません。

だけど借金をなくして、人生を1からやり直したいと
考える場合は、やはり弁護士にこ相談する
ことが1番の解決になるでしょう。

topに戻る





関連ページ

モビットの過払い金請求体験談モビットの過払い金できる?できない?
消費者金融モビットに借金があり完済していたので、過払い金の有無を確認してみた。
クレジットカードのトラブル・問題点のまとめ
クレジットカードの発行枚数は数億枚と年々増えている傾向です。しかしその反面トラブルや問題点も増えています。