即日融資ができるのは消費者金融のカードローン。銀行が不可能な理由とは?

即日融資可能!なカードローンでおすすめのレイクALSAやアコムの消費者金融。でも銀行は即日融資できないのはなぜ?

即日融資なら消費者金融のカードローン

 

しか今は手段がありません。

 

しかし銀行にもカードローンはあります。

 

両方ともほぼ同じ仕組みでローンの
利用が出来るはずですが、

 

銀行カードローンは現在、即日融資
(申し込みをしたその日に融資を行う)
はほとんどの行で行われていません。

 

なぜそうなっているのか?

 

について詳しく解説します。

融資の即日と翌日の違い

即日と聞くと、審査通過後、2,3日の間には
融資が行われるものなら即日(早い)と
いう解釈をされる方もおあられるかも
しれませんが、

 

ここで言う即日は「審査も含め申し込みを
したその日の振込・引き落し」のことを
指します。

 

その次に早い融資が「最短翌日」という
ことになります。

 

「たった1日の違い」ですが、急いでお金を
借りたい人にとっては、大きな差となります。

 

topに戻る

銀行カードローンの自主規制によって即日融資を停止

2017年までは、銀行カードローンは
即日融資を積極的に行っていました。

しかし、あまりにも銀行が個人向け
カードローンの契約に力を入れたため、

借り過ぎによる個人破たんの数字も
増えてしまい、金融庁から問題視
されることとなってしまいました。


これらの事情により、国内の銀行
各行はカードローンなど新規の
個人向け融資での審査を、

警察庁のデータベースへの照会も
行い審査に時間をかけることによって、

即日の融資を停止するようになりました。

その流れが今も続いており、即日融資
を行っているのは、貸金業である消費者
金融がほとんどを占めています。

topに戻る

即日融資はできないが銀行カードローンにはメリットも大きい

2017年から数年たった今、地方銀行
ではちらほら即日融資ができる銀行が
でてきています。

※即日融資のできる銀行

常陽銀行

南都銀行

銀行カードローンは金利でのメリットがある


「即日融資にこだわらない」と言う方なら、
ぜひ銀行カードローンの利用を考えて
もらいたい。

なぜなら消費者金融より「金利が低い」
というのがその理由である。

topに戻る

アイフルファーストプレミアムは銀行カードローンより金利が低い

銀行カードローンより金利が
全般的に高い消費者金融は、

今後の融資競争に不利なことは
よくわかっています。

しかし、、下等な競争による利益低下
を懸念して、金利の競争には踏み切る
ことがなかったのですが、

ここにきて、「銀行業の再編」とともに、
消費者金融も他行・他社との差別化
を積極的に行おうとしています。

金利面ではアイフルが大きく動きました。

100万円の融資が可能なユーザー
に対しては、最高金利が9.5%という
ファーストプレミアムというサービスを展開。

この金利は銀行で一般的となる100万の
融資で金利10%以上という数字より低い
数字です。

しかも「即日融資が可能」となっているので、
FXや株の金融投資での至急の追証など
が必要な時に、利用されたりしていることが
多くなってきました。

即日融資ができる消費者金融をとるか?
金利全般を押さえる銀行をとるか?

さらにそれぞれのメリット・デメリットを
探りながら決断してみてください。


topに戻る

関連ページ

司法書士の仕事 土地建物の登記や債務整理など
司法書士って言葉ピンときますか?法務省の司法書士試験に受かった国家資格有識者です。お金のトラブルも解決してくれるんです。
モビットの過払い金請求体験談モビットの過払い金できる?できない?
消費者金融モビットに借金があり完済していたので、過払い金の有無を確認してみた。
クレジットカードのトラブル・問題点のまとめ
クレジットカードの発行枚数は数億枚と年々増えている傾向です。しかしその反面トラブルや問題点も増えています。